京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2013年10月27日

第2185問

【第2185問】
北野天満宮の境内にある伝説の松といえばどれか。

ア、猫松  イ、時雨松  ウ、遊龍松  エ、影向松

↓解答はこちら

【第2185問】

<解答> エ、影向松

<解説> 北野天満宮の一の鳥居から入ってすぐにあるのが影向松 ( ようごうのまつ ) である。祭神である道真公が大宰府で没すると、その掛舎利が飛来してこの枝にかかったとも伝えられ、また毎年、初雪の日に道真公が降臨されて歌を詠まれるという伝説から、現在は初雪の日には硯・筆・墨を備えて初雪祭が行なわれる。その昔は、北野天満宮へ参拝に訪れた際は、必ずこの松に拝礼してから本殿へ詣でる習慣もあり、現在は北野天満宮七不思議の一つにも数えられている。
 猫が伏した姿に似ている猫松は、 「 猫寺 」 という名で親しまれる称念寺にある松であり、出水七不思議の一つである時雨松は、華光寺 ( けこうじ ) にかつてあった松であり ( 現在は枯れた根元部分のみ現存 ) 、国指定の天然記念物である遊龍松 ( ゆうりゅうのまつ ) は、西山にある善峯寺の境内にある松である。(2級)

同じカテゴリー(生活・行事)の記事画像
第2877問
第2071問
第1859問
第874問
第599問
第558問
同じカテゴリー(生活・行事)の記事
 第3304問 (2016-11-22 23:59)
 第3301問 (2016-11-19 23:59)
 第3294問 (2016-11-12 23:59)
 第3290問 (2016-11-08 23:59)
 第3288問 (2016-11-06 23:59)
 第3264問 (2016-10-13 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。