京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年02月19日

第49問

【第49問】
歌人の西行法師が出家し、現在も西行桜のある寺院はどこか。

ア、勝持寺 イ、十輪寺 ウ、清凉寺 エ、青蓮院

↓ 解答はこちら

【第49問】

< 解答 >  ア、勝持寺

< 解説 >  勝持寺は通称 「 花の寺 」 呼ばれ、春には西行桜をはじめ、境内が桜で埋めつくされる。役行者が創建し、延暦10 ( 791 )年、最澄の再建による歴史をもつ。紅葉の時期も見ごたえがある。
 十輪寺は平安時代、在原業平の隠棲地として伝わり、かつての恋人、藤原高子の大原野詣での際、塩を焼いて想いを託した塩釜が残る。
 清凉寺は、源氏物語のモデルともされた、左大臣源融の別荘棲霞観 ( せいかかん ) を寺院にしたのが起こりである。
 青蓮院は粟田御所と呼ばれ、代々の法親王が住職を務めた。 親鸞聖人が9歳で出家した場所としても知られている。


同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。