京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年02月13日

第44問

【第44問】
経済産業大臣指定の伝統工芸品の中で、寺院では「中啓」とよばれ大切に扱われるものはどれか。

ア、京漆器 イ、京扇子 ウ、京表具 エ、京指物

↓ 解答はこちら

【第44問】

< 解答 >  イ、京扇子

< 解説 >  伝統工芸では工芸から15品目、染色から7品目選ばれて公式テキストには掲載されている。うち経済産業大臣指定の伝統工芸品は工芸から10品目、染色は7品目すべてである。憶えにくい分野だけに、出題されやすい分野と予想される。
 事実、かつては3級で「京人形」が、2級で「京象嵌」が単独出題されており、ほかにも2級の選択肢には「京指物 」「京くみひも 」「京表具 」「京鹿の子絞 」が出題された。それぞれ、名前と特徴を整理して憶えたい。
 寺院といえば、仏教とともに伝来した経巻を仕立てることから始まった、京表具が解答に近そうだが、「中啓( ちゅうけい )」と呼ばれるのは扇(おうぎ)であり、京扇子が正解である。


同じカテゴリー(芸術・文化)の記事画像
第1708問
第61問
同じカテゴリー(芸術・文化)の記事
 第3303問 (2016-11-21 23:59)
 第3251問 (2016-09-30 23:59)
 第3249問 (2016-09-28 23:59)
 第3241問 (2016-09-19 23:59)
 第3214問 (2016-08-23 23:59)
 第3213問 (2016-08-22 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。