京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2013年05月27日

第2035問

【第2035問】
龍安寺の 「 知足のつくばい 」 を寄進したのは誰か。

ア、豊臣秀吉  イ、水戸光圀  ウ、佐久間勝之  エ、加藤清正

↓解答はこちら

【第2035問】

<解答> イ、水戸光圀

<解説> 石庭で知られる龍安寺の方丈を挟んで反対側 ( 北側 ) の庭園には、水戸光圀公寄進の 「 知足のつくばい 」 が置かれている。 「 吾唯足知 」 の四文字が、中心部の口を共有することで見事にデザインされており、大意は、知識がある人は貧乏でも心は豊かであり、それがない人はお金持ちであっても心は貧しいという意味である。
  豊臣秀吉は青蓮院に 「 一文字手水鉢 」 を寄進し、佐久間勝之は南禅寺に高さ6mに及ぶ灯籠 ( 佐久間灯籠 ) を寄進し、加藤清正は細川三斎に袈裟形のつくばいを贈っており、現在は高桐院の庭園に 「 袈裟形のおりつくばい 」 として置かれている。(3級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。