京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2013年05月18日

第2026問

【第2026問】
天皇陵の中に多宝塔が立っているのはどこの天皇陵か。

ア、高倉天皇  イ、鳥羽天皇  ウ、近衛天皇  エ、後白河天皇

↓解答はこちら

【第2026問】

<解答> ウ、近衛天皇

<解説> 近衛天皇の御陵がある安楽寿院は、保延3 ( 1137 ) 年に鳥羽上皇の建立に始まり、皇后美福門院のために新御塔が完成したが、美福門院は高野山に葬られたため近衛天皇の遺骨が葬られた。その後、室町時代には荒廃したが、豊臣秀吉・秀頼により復興を遂げ、近衛天皇陵の多宝塔は、豊臣秀頼によって慶長6 ( 1606 ) 年に再建された。
 高倉天皇陵は、下から続く階段と塀で囲まれており、中には天皇が愛した小督局の宝篋印塔が置かれている。鳥羽天皇陵は安楽寿院の西側にあり、後白河天皇陵は法住寺の東側にあり、どちらも陵内に御堂が建てられている。(2級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。