京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2013年01月14日

第1901問

【第1901問】
世界遺産の平等院において、狩野山楽作とみられる襖絵がある場所はどこか。

ア、不動堂  イ、観音堂  ウ、養林庵書院  エ、羅漢堂

↓解答はこちら

【第1901問】

<解答> ウ、養林庵書院

<解説> 平等院の南門をくぐると右手に見えてくるのが、非公開ながら伏見城の遺構と伝えられる養林庵書院である。その障壁画は、床の間には雪景山水図、襖には籬 ( まがき ) に梅図、天袋には花卉 ( かき ) 図が描かれ、作風から京狩野の二代目である狩野山雪作と推定されている。
  源頼政の墓の前に建つ不動堂は、最勝院の本堂で役行者が祀られており、鎌倉初期の遺構である観音堂は、現在は法橋徳応のニ天像と不動明王像が祀られており、地元の茶師星野道斎らが江戸時代に建立した羅漢堂は、宝冠釈迦如来坐像や十六羅漢像などを祀り、天井には雲竜図が描かれている。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。