京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2013年01月12日

第1899問

【第1899問】
京都の寺院の山門 ( 三門 ) で、一般拝観者が常時登れるのどこか。

ア、知恩院  イ、南禅寺  ウ、東福寺  エ、東本願寺

↓解答はこちら

【第1899問】

<解答> イ、南禅寺

<解説> 南禅寺の三門は、創建当時のものは永仁3 ( 1295 ) 年に西園寺実兼 ( さいおんじさねかね ) の寄進によって創立され、ついで応安年間に改築されたが、その後、文安4 ( 1447 ) 年の火災で焼失した。現在の三門は、寛永5 ( 1628 ) 年に藤堂高虎が 「 大坂の陣 」 に倒れた戦没者の菩提を弔うために再建したものであり、一般拝観者がいつでも登れる三門としては京都で貴重な存在である。
 南禅寺も含めて京都三大門に入る知恩院の三門や、東本願寺の御影堂門、また三大門には入らないが国宝に指定されている東福寺の三門は、特別公開時期のみ登ることができる。(3級)
 

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。