京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2012年11月25日

第1851問

【第1851問】
西山にある粟生光明寺を創建した人物といえばだれか。

ア、湛空  イ、源智  ウ、蓮生  エ、親鸞

↓解答はこちら

【第1851問】

<解答> ウ、蓮生

<解説> 粟生光明寺は、建久9 ( 1198 ) 年に法然上人が初めて念仏の教えを説いた 「 浄土門根元地 」 に、法然上人の弟子であった蓮生 ( れんせい ) こと熊谷直実が念仏三昧院を開いたのが起こりである。安貞2 ( 1228 ) 年、広隆寺の塔頭来迎坊にあった法然の棺から発した瑞光に従い、弟子達が法難を避けて粟生の地に遺骸を移して荼毘に伏し、その遺骨は境内にはる御本廟に祀られた。その後、その石棺からはまばゆい光明が発せられ、四条天皇はそのことを聞いて、光明寺の勅額をあたえたと伝わる。
  その他もすべて法然上人の弟子達となる。湛空は嵯峨野の二尊院の再興に携わった人物であり、源智は知恩院や百万遍知恩寺の創建にかかわった人物であり、親鸞は法然の教えをさらに深めて浄土真宗の宗祖となった人物である。(3級)
 

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。