京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2012年11月18日

第1844問

【第1844問】
徳川家康が築城した伏見城は第何代目のものか。

ア、初代  イ、二代目  ウ、三代目  エ、四代目

↓解答はこちら

【第1844問】

<解答> ウ、三代

<解説> 伏見城といえば天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が晩年に築城した城である。初代の城は、指月丘 ( 京阪観月橋駅の北東あたり ) にあったが、慶長の大地震で崩壊し、翌日から場所を木幡山に移して二代目の築城が始まった。現在、本丸のあった桃山御陵内には茶会に使われたという、金名水、銀名水が残されている。一般的に伏見城と呼ばれるこの二代目も、関ヶ原の戦いの勃発で1年あまりで落城し、大坂城から伏見城に入城した徳川家康は、翌年より三代目の城の増築を行い、京都所司代を置いて海外の使節とも会見し、さらに家康、秀忠、家光はこの城で将軍宣下を受けた。しかし家康の天下統一と豊臣家の滅亡後は、一国一城の制もあり、江戸幕府の意向によって廃城となった。その後、付近一帯に桃の木が植えられたことにより、伏見城の跡地は桃山と呼ばれるようになり、これが 「 安土桃山時代 」 という名称につながっていく。四代目の伏見城 ( 伏見桃山城 ) は、昭和39 ( 1964 ) 年に遊園地 「 伏見桃山城キャッスルランド 」 の呼び物として完成し、遊園地閉鎖後は、老朽化と耐震構造の問題から立ち入り禁止となって現在に至っている。(3級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。