京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2012年07月12日

第1716問

【第1716問】
高山寺の国宝石水院はもとはどんな建物であったか。

ア、本堂  イ、阿弥陀堂  ウ、羅漢堂  エ、経蔵

↓解答はこちら

【第1716問】

<解答> エ、経蔵

<解説> 高山寺の国宝に指定されている石水院は、高山寺に伝わる明恵上人の住房遺跡が七箇所あり、そのうちの一つとされている。もともと明恵上人によって経蔵 ( きょうぞう ) として建立されたもので、後に春日・住吉両神影を祀る社殿も兼ねることなった。その際に縋破風 ( すがるはふ ) の庇 ( ひさし ) で拝所 ( はいしょ ) 空間が設けられたことで、建築の独自色が強まり、鎌倉初期の名建築の美しさが引き立っている。拝所内部は透いた格子戸 ( こうしど ) と蛙股 ( かえるまた ) の部分に壁がなく、吊り上げ蔀戸 ( しとみど ) を上げると内部と外部が一体となった空間が形成されており、清涼で爽やかな雰囲気に包まれている。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。