京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年12月18日

第1507問

【第1507問】
嵯峨野に隠れ住んだ女性といえば誰か。

ア、袈裟御前  イ、村山たか女  ウ、建礼門院  エ、小督局

↓解答はこちら

【第1507問】

<解答> エ、小督局

<解説> 小督局 ( こごうのつぼね ) は、高倉天皇の后である建礼門院に仕えたが、宮中一の美貌に加えて琴の名手であったため、高倉天皇から寵愛を受けた。これに激怒したのが建礼門院の父である平清盛であった。小督は嵯峨野に身を隠したが、高倉天皇に請われて宮中へ戻ったところを、ついに清盛によって出家させられたのである。これに気落ちした高倉天皇は2年後に亡くなり、小督局はその菩提を弔って余生を過ごしたと伝えられる。
 袈裟御前 ( けさごぜん ) は、遠藤盛遠 ( えんどうもりとう ) ( 後の文覚上人 ) の求愛を断りきれず、自らを遠藤に殺させることで夫との貞操を守った女性で、鳥羽にある恋塚寺や浄禅寺などがゆかりの寺院である。村山たか女は幕末に幕府の隠密として活躍した女性で、晩年は金福寺で過ごし、墓は近くの圓光寺にある。建礼門院は平清盛の娘で、高倉天皇に嫁いで安徳天皇を生んだが、平家滅亡後は大原に隠棲し、寂光院で亡くなった。(3級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。