京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年11月21日

第1480問

【第1480問】
大原で宿坊を兼ねた寺院であるのはどこか。

ア、来迎院  イ、勝林院  ウ、実光院  エ、浄蓮華院

↓解答はこちら

【第1480問】

<解答> エ、浄蓮華院 

<解説> 浄蓮華院 ( じょうれんげいん ) は、承徳2 ( 1098 ) 年に声明の根本道場として建立された。現在は宿坊として誰でも利用できるほか、境内も無料解放している。
  来迎院勝林院 ( しょうりんいん ) は、声明の中心地である大原の二大拠点であった。特に勝林院は,本尊が阿弥陀如来で、法然上人との大原問答が有名である。実光院 ( じっこういん ) は勝林院の塔頭であり、不断桜や四季折々の草花が美しい寺院である。(2級)

同じカテゴリー(自然・観光)の記事画像
第524問
第202問
第57問
第57問
第57問
同じカテゴリー(自然・観光)の記事
 第3230問 (2016-09-08 23:59)
 第3184問 (2016-07-24 23:59)
 第3171問 (2016-07-11 23:59)
 第3153問 (2016-06-23 23:59)
 第3102問 (2016-05-03 23:59)
 第3098問 (2016-04-29 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。