京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年11月18日

第1477問

【第1477問】
清水寺の舞台を支える柱はなんの木でできているか。

ア、ヒノキ  イ、スギ  ウ、ケヤキ  エ、クスノキ

↓解答はこちら

【第1477問】

<解答> ウ、ケヤキ

<解説> 「 清水の舞台 」 で知られる本堂は、寛永10 ( 1633 ) 年に徳川家光の寄進によって再建されたものである。建物の南面する前半分が崖にせり出すように舞台形式で建てられており、それを欅 ( ケヤキ ) の柱で支える構造で、 「 懸崖造 ( けんがいづくり ) 」 または 「 舞台造 」 と呼ばれている。また本堂を覆う巨大な屋根は檜皮葺の寄棟造で、軒下の蔀戸などが優雅な雰囲気を演出している。本堂内は巨大な丸柱によって、外陣 ( 礼堂 ) ・内陣 ( 相の間 ) ・内々陣 ( 正堂 ) に分かれた密教形式で、最奥の内々陣に本尊・十一面観音菩薩像と脇侍に地蔵菩薩と毘沙門天が祀られている。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。