京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年10月25日

第1453問

【第1453問】
平家を都落ちさせた木曾義仲の供養塔がある寺院はどこか。

ア、六波羅蜜寺  イ、長楽寺  ウ、法住寺  エ、法観寺

↓解答はこちら

【第1453問】

<解答> エ、法観寺

<解説> 法観寺の創建は、聖徳太子が五重塔を建てて、その中に仏舎利を収めて法観寺と号したのが起こりである。治承3 ( 1179 ) 年に清水衆徒と祇園社の神人との争いで焼失した後、源頼朝、続いて足利義教が再建を行い、仁治元 ( 1240 ) 年に建仁寺の証救 ( しょうぐ ) が入寺して禅宗に改めた。足利義教によって再建された五重塔の傍らには、源義仲の供養塔が、ひっそりと佇んでいる。
 六波羅蜜寺には平清盛の供養塔があり、長楽寺は建礼門院が出家をした場所であり、法住寺 ( ほうじゅうじ ) の裏側では後白河法皇が眠っている。(2級)


同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。