京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年10月18日

第1446問

【第1446問】
嵯峨釈迦堂という通称名で知られる清凉寺には誰の首塚があるか。

ア、豊臣秀頼  イ、明智光秀  ウ、木曽義仲  エ、楠木正行

↓解答はこちら

【第1446問】

<解答> ア、豊臣秀頼

<解説> 源融の別荘棲霞観 ( せいかかん ) が起こりの清凉寺は、三国伝来の釈迦如来を本尊とし、嵯峨念仏狂言でも知られた寺院である。現在の本堂は、桂昌院の呼びかけによって寄進が集まり、落慶法要を迎えたが、それ以前の本堂は豊臣秀頼が再建していた。そのため現在本堂の傍らには、 「 大坂夏の陣 」 で自刃した豊臣秀頼の首塚が造られている。
 明智光秀の首塚は、三条白川下ル東側の民家に挟まれた一角にあり、木曽義仲の首塚は 「 八坂の塔 」 で知られる法観寺の境内にあり、楠木正行 ( くすのきまさつら ) の首塚は嵯峨野の宝筐院の境内に、室町幕府二代将軍足利義詮と並んでいる。(2級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。