京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年09月20日

第1418問

【第1418問】
次のうち相阿弥作庭とされる庭園はどれか。

ア、長楽寺  イ、天龍寺  ウ、大仙院  エ、本法寺

↓解答はこちら

【第1418問】

<解答> ア、長楽寺

<解説> 長楽寺は、江戸時代の歴史家・漢詩人として知られる頼山陽が 『 京の四季 』 の中で、「 濡れて紅葉の長楽寺 」 と謳った紅葉の隠れた名所で、延暦24 ( 805 ) 年に最澄が天台宗の延暦寺別院として創建した。室町時代に時宗に改宗して現在に至っており、境内の高低差を利用して造られた庭園は相阿弥作と伝えられる。
 嵐山にある世界文化遺産の天龍寺の庭園は夢窓疎石、大徳寺の中心寺院である大仙院の庭園は古岳宗亘 ( こがくそうこう ) 、日蓮宗の大本山の一つである本法寺の庭園は本阿弥光悦によって造営された。(3級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。