京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2010年12月15日

第1141問

【第1141問】
聖護院の本尊である不動明王は誰の作とされるか。

ア、最澄  イ、円仁  ウ、円珍  エ、恵心僧都

↓解答はこちら

【第1141問】

<解答> ウ、円珍

<解説> 聖護院の本尊である不動明王は、天台宗の第5代目座主となった円珍の作とされ、両脇には二童子を従えている。修験者の守り本尊として崇められ、過去4度の火災に遭いながらも、今日まで奇跡的に守り伝えられてきた。
 最澄作の仏像は多いが、比叡山延暦寺の本尊如来や、妙円寺 ( 松ヶ崎大黒天 ) の大黒天も最澄作とされる。円仁は比叡山の5代目座主で、真如堂の 「 うなずきの阿弥陀如来 」 を刻んだとされる。 『 往生要集 』 を著した恵心僧都 ( 源信 ) 作とされる仏像は多いが、金戒光明寺の阿弥陀堂にある阿弥陀如来はその最後の作とされ、 「 おとめの如来 」、 「 ノミおさめ如来 」 と称されている。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。