京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2010年09月22日

第1057問

【第1057問】
現在京都ホテルオークが立つ一角は、もともとどこの藩邸跡か。

ア、土佐藩邸  イ、薩摩藩邸  ウ、加賀藩邸  エ、長州藩邸

↓解答はこちら

【第1057問】

<解答> エ、長州藩邸

<解説> 現在のホテルオークラが立つ場所は、かつては長州藩邸が立ち、尊王攘夷の志士達が頻繁に出入りしていた。しかし、蛤御門の変に際して、敗れた長州藩によって火が放たれ全焼した。現在、ホテルの北西には長州藩きっての実力者で、明治維新の三傑に称えられる桂小五郎像が置かれている。
 土佐藩邸は、立誠小学校 ( 現在は廃校となって文化活動に再利用中 ) の場所にあった。薩摩藩邸は、現在の同志社大学今出川キャパスにあった。加賀藩邸は、御池木屋町の南西にあり、現在は高瀬川沿に石碑が立っている。(3級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。