京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2010年09月16日

第1050問

【第1050問】
平安時代に主流となった仏像の作り方はどれか。

ア、塑造  イ、乾漆  ウ、木彫  エ、金銅

↓解答はこちら

【第1050問】

<解答> ウ、木彫

<解説> 仏像彫刻は飛鳥時代に主に金銅仏が造られ、その後、奈良時代を通して塑造乾漆が多く造られた。しかし平安京へ移ってからは木彫や寄木造が発達し、平安末期から鎌倉初期において仏像界はその生産および技術のピークを迎えることとなった。(3級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。