京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2010年08月30日

第1033問

【第1033問】
松尾大社の本殿の建築形式はなんと呼ばれているか。

ア、流造  イ、権現造  ウ、両流造  エ、比翼春日造

↓解答はこちら

【第1033問】

<解答> ウ、両流造

<解説> 松尾大社の重要文化財の本殿は応永4 ( 1397 ) 年の建築で、天文11 ( 1542 ) 年に大修理が行われており、両流造 ( りょうながれづくり ) と称される珍しい形式である。流造とは正面前方の屋根が長く延びた神社建築の形式であるが、両流造とは後方にも屋根を延ばした形式で、別名 「 松尾造 」 とも称されている。
 流造は神社建築の主流を占める建築形式で、上賀茂神社や下鴨神社の国宝の本殿が代表例として挙げられる。権現造は日光東照宮の形式から名前が取られているが、別名八棟造 ( やつむねづくり ) と呼ばれており、京都では北野天満宮にその形式をみることができる。比翼春日造 ( ひよくかすがづくり ) は春日造を横に並行して並べた形式で、平野神社にのみ見れられる形式である。(3級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。