京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2010年08月29日

第1032問

【第1032問】
法金剛院はだれの別荘を寺院に改めたものか。

ア、藤原道長  イ、源融  ウ、清原夏野  エ、花園天皇

↓解答はこちら

【第1032問】

<解答> ウ、清原夏野

<解説> 法金剛院は、貴族清原夏野の別荘を寺院に改めて双丘寺 ( そうきゅうじ ) と称したのが起こりである。その後、歴史は途絶えるが、大治5 ( 1130 )年には鳥羽天皇の中宮である待賢門院が旧跡を復興し、鎌倉時代には円覚によって律宗に改められて現在に至っている。
 藤原道長は宇治に宇治殿という別荘を構えていたが、子の頼通はこれを譲り受けて平等院を創建した。源融は嵯峨野に別荘である棲霞観を持っていたが、亡くなったのちに寺院改められたのが清凉寺である。花園天皇の離宮を寺院に改めたのが、現在の妙心寺である。(3級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。