京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2010年08月22日

第1025問

【第1025問】
高瀬川開削がきっかけで建立された寺院はどこか。

ア、蓮光寺  イ、本覚寺  ウ、瑞泉寺   エ、染殿院

↓解答はこちら

【第1025問】

<解答> ウ、瑞泉寺

<解説> 瑞泉寺は角倉了以が慶長16 ( 1611 ) 年に高瀬川の開削を行ったときに、かつての豊臣秀次一族が処刑された後に造られた塚を見つけ、それを弔うために建立したものである。現在も秀次の墓と一族の資料も展示されている。
 蓮光寺は本尊が負別 ( おいわけ ) 阿弥陀如来といい、快慶の作品とされる。また境内には平清盛ゆかりの駒止地蔵、大坂の陣で活躍した長宗我部盛親の墓もある。本覚寺は源融の別荘である河原院付近にあり、源融の木像も祀っている。染殿院は四条と新京極の角にあり、本尊は空海作の地蔵菩薩である。染殿后がこちらの地蔵菩薩に祈願したところ、清和天皇が生まれたことから安産祈願の信仰を集めている。(3級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。