京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年06月26日

第552問

【552問】
毎年8月22日、23日に行われる京の六地蔵めぐりで、鞍馬口付近にある寺院はどれか。

ア、徳林庵  イ、源光寺  ウ、上善寺  エ、浄禅寺

↓解答はこちら

【552問】

<解答> ウ、上善寺

<解説> 京の六地蔵めぐりは、旧街道の入口に地蔵菩薩を祀った六つの寺院をめぐる800年ほど続く京都の伝統行事である。その起こりは、平安初期に小野篁 ( おのたかむら ) が他界し冥途に赴いた際、そこで生身の地蔵菩薩を拝して蘇生し、木幡山 ( こばたやま ) の一本の桜の大木から六体の地蔵尊像を刻み、木幡の里 ( 現在の大善寺 ) に祀ったことに由来する。その後、後白河法皇の命を受けて平清盛が6体の地蔵を祀るお堂を建立し、土台が整えられた。
  京の六地蔵の紹介は次の通りである。奈良街道からの入口にあるのが伏見地蔵と呼ばれる大善寺、鳥羽街道からの入口にあるのが鳥羽地蔵と呼ばれる浄禅寺、山陰街道からの入口にあるのが、桂地蔵と呼ばれる地蔵寺、周山街道からの入口に位置するのが常盤地蔵と呼ばれる源光寺、鞍馬街道からの入口にあるのが鞍馬口地蔵と呼ばれる上善寺、東海道からの入口にあるのが山科地蔵と呼ばれる徳林庵である。(2級)

同じカテゴリー(生活・行事)の記事画像
第2877問
第2071問
第1859問
第874問
第599問
第558問
同じカテゴリー(生活・行事)の記事
 第3304問 (2016-11-22 23:59)
 第3301問 (2016-11-19 23:59)
 第3294問 (2016-11-12 23:59)
 第3290問 (2016-11-08 23:59)
 第3288問 (2016-11-06 23:59)
 第3264問 (2016-10-13 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。