京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年06月22日

第548問

【第548問】
大徳寺の塔頭と庇護者の組み合わせで間違っているものはどれか。

ア、黄梅院・小早川隆景  イ、瑞峯院・畠山義元  ウ、高桐院・細川忠興  エ、龍光院・黒田長政

↓解答はこちら

【第548問】

<解答> イ、瑞峯院・畠山義元

<解説> 瑞峯院は、九州のキリシタン大名であった大友宗麟が自らの菩提寺として建立した。現在の庭園である 「 独坐庭 」 と 「 閑眠庭 」 は、どちらも重森三玲氏によって作庭された名庭である。ちなみに畠山義元は、大友義長 ( 大友宗麟の祖父 ) とともに龍源院を創建した。
  黄梅院は、中国の覇者である毛利氏を支えた小早川隆景が檀越となって現在の形となった。茶室 「 昨夢軒 」 は武野紹鷗好みとされている。高桐院は、細川忠興が細川家の菩提寺として創建した。千利休の高弟であった忠興の墓石は、利休から譲られた灯籠を用いている。この灯籠は利休の秘蔵のものであったが、豊臣秀吉に所望されたため、わざと笠の一部を欠けさせて 「 傷物を関白様には差し出せない 」 として断ったというエピソードがある。龍光院は、黒田長政が父である黒田如水の菩提を弔うために創建した。国宝の茶室である密庵席 ( みったんせき ) は小堀遠州の作と伝えられる。(3級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。