京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年06月21日

第547問

【第547問】
足利義政が出家をした寺院といえばどれか。

ア、相国寺  イ、等持院  ウ、天龍寺  エ、聖護院

↓解答はこちら

【第547問】

<解答> エ、聖護院

<解説> 応仁の乱が終わって程ない文明13 ( 1481 ) 年、混乱を招いた足利義政は聖護院で出家して諸堂を整備した。そして、文明14 ( 1482 ) 年に東山に別荘を建て始める。残念ながら完成を見ずに亡くなったが、それが後の慈照寺 ( 銀閣寺 ) である。
  相国寺は足利義政の祖父にあたる足利義満が創建し、直後に 「 京都五山の制 」 の第2位に列している。等持院は足利尊氏によって開かれた足利家の菩提寺である。足利義政も再興に尽力し、清漣亭 ( せいれんてい ) という自分好みの茶室を残している。天龍寺は、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために国家的規模で創建した寺院である。全盛期は150ほどの塔頭が建ち並んでいたが、室町幕府の権威失墜とともに徐々に衰微していった。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。